close

   オンラインストア     アーティスト・エディション     JR

JR

JRが所有する世界最大のギャラリー、それは街。普段美術館に足を運ぶことのない人々も、街を歩けばJRの作品に目が留まります。パリ郊外からニューヨークの街、ブラジルのファベーラ、キベラからイスタンブール、ロサンゼルスから上海まで、彼の手にかかれば、あらゆる壁や橋、階段が、無名の人々の巨大ポートレートで埋め尽くされます。2011年、TED賞を受賞したJRは世界規模の参加型アートプロジェクト「Inside Out」に着手します。世界中の人々が自身の大判ポートレートを街中に貼ってメッセージを届けるというこのプロジェクトには、202061日現在140を超える国で42万人以上が参加。彼らのポートレートは、郵送された写真やフォト・トラックで撮影した写真によるものです。最近のプロジェクトとしては、カリフォルニア州の重犯罪刑務所における巨大コラージュ、米国における銃の問題を取り上げたTIME誌の表紙、サンフランシスコ近代美術館(SFMOMA)で披露された1,200人の日常生活を描くデジタル壁画、ニューヨーク・シティ・バレエ団とのコラボレーション、ヌーヴェルヴァーグのレジェンド、アニエス・ヴァルダと共同制作したドキュメンタリー(アカデミー賞ノミネート作品)、パリのパンテオンにおける巨大インスタレーション、コンテナ船上でのコラージュ、ルーブル美術館のピラミッドのコラージュ、パリ郊外クリッシー=モンフェルメイユの壮大な「ディエゴ・リベラ風」壁画、2016年リオデジャネイロオリンピックにおける建設用足場を利用したインスタレーション、今は廃墟となったエリス島の病院における展覧会、パリのホームレスや難民のための支援・文化レストラン、米国とメキシコ国境の巨大インスタレーションなどが挙げられます。自身の正体を明かさず、また豊かな表情を見せる無名の人々の巨大ポートレートに説明を加えることもなく、JRは被写体(主役)と通行人(解釈者)との出会いの場を創出します。JRの作品が目指すのは問いを投げかけることであり、回答を示すことではありません。8年前からニューヨークを拠点に活動するJRは、2018年にTIME誌の「世界で最も影響力のある100人」に選ばれました。