close

お手入れ方法

石英、長石、カオリンで構成され、1400℃で焼成する磁器は、セラミックの中で最も硬い素材です。気孔がいっさいなく、油分をはじき、酸性の液体によって損傷することはありません。

貴金属を含む装飾を焼成することで、ほうろうの中に色を組み入れることができ、それによって長い間色を保護します。

ただし、磁器の取り扱いは慎重におこなって下さい。この説明書にしたがってお使いになれば、製品を長持ちさせることができます。


注文品の受け取り

前もって保管場所を決めておいて下さい。製品の取り扱いにあたって、事前に説明書をお読み下さい。


磁器の保管

► 金やプラチナは、湿度の高い場所にさらされると酸化することがあります。酸化した場合、輝きを取り戻すには、研磨剤の入らない洗剤を使い柔らかな布で洗浄して下さい。

► 同型の器は重ねてストックしますが、重ね過ぎは避けて下さい。できれば、器の間に仕切りを挟むとより安全です。


電子レンジ

► 磁器製品はすべて電子レンジで使用可能ですが、装飾に金、プラチナ、銅、銀を使用している物は使用できません。これは、ベルナルドが純度の高い貴金属を使っているためです。


食器洗浄機の使用

お使いになる食器洗浄機に、磁器に適した特別な洗浄モードがあるかどうかお確かめ下さい。強い洗剤による洗浄を繰り返し使用した場合、装飾の一部が損傷することがあります。

► 決められた洗剤の量を守って下さい。

► 貴金属を含む製品の洗浄に研磨パッドを使用しないで下さい。

► 食器類が食器洗浄機に正しく並べられているかを確認して下さい。食器類他が互いに触れたりこすったりすることのないよう、過度な詰め込みは避けて下さい。

► 形状の似たものを一緒に洗って下さい。強い水圧にも、仕切りがしっかりと食器を支えているかを確認して下さい。

► 乾燥終了後は、温度が下がってから取り出して下さい。熱によって金やプラチナなどの金属が一時的に軟化することがあります。

► ボウルやカップを積み重ねるときは、特に取っ手に力がかからないよう注意して下さい。

► 急激に温度を変化させてはいけません。いきなり冷蔵庫からオーブンや滞熱ストーブに移したり、またはその逆も避けて下さい。徐々に温度を上げるようにして下さい。


以上の事に留意してお使いいただけますようお願い申し上げます。お客様から特別な要望があれば、ベルナルドのスタッフが丁寧にお伺いします。