close
Couverture amr
戻る

旧王立製陶所

Logo amr or

1986年以降ベルナルドグループに統合された旧王立製陶所は、それ自身がフランスのちょっとした歴史です。博物館に所蔵されている18世紀から19世紀にかけて作られたオリジナル作品をそっくりに再現することによって、ベルナルドは今はなくなったフランスの製陶工場の価値に光を当て、極めて貴重で豊かな遺産に関わる技術の保存に貢献しています。

1737年に設立された王立製陶所は、製品に初めて「Limoges」の焼き印を押しました。1768年にカオリンが発見された後、製陶所は1774年にルイ16世の命により、ルイ16世の実弟で後にシャルル10世となるダルトワ伯爵の保護下に置かれます。その後1784年には、原料生産地に近い工場が保有するのが妥当と考え、製陶所はセーヴル製陶所に統合されました。製陶所は何世紀にもわたり、幾世代もの職人やアーティストを通して、技術を守り後の世代に伝えてきました。

今日旧王立製陶所は、オリジナルを所蔵している国内外の博物館と協力し、18世紀から19世紀にかけて作られた主要作品と装飾と形が同一の復刻版の製作をおこなっています。こうして、私たちは磁器の遺産を再び目にすることができ、思いがけずも歴史に足を踏み入れるきっかけとなるのです。

復刻版の例:セーヴル王立製陶所が製作し、1787年にベルサイユ宮殿に納入された真珠とバルボーがついた女王マリー=アントワネットのテーブルセット。

ランブイエの乳製品製造所。女王マリー=アントワネットのために1787年にセーヴル王立製陶所が製作。

セーヴル王立製陶所が1831年に、ヘッセンのヴィルヘルム2世王子のために製作した植物をモチーフにしたテーブルセット。

もちろんルイ15世のテーブルセット、エリゼ、王の庭、バラ園、さらには旧王立製陶所が所蔵するコレクションで、古くから伝わる歴史的な茶碗も忘れることはできません。