クローズ
Bandeau manolovald%c3%a9s
戻る

マノロ・ヴァルデス

1942 年にバレンシアで生まれたスペイン人アーティスト、マノロ・ヴァルデス。彼は、バレンシア・サン・カルロス王立美術アカデミー・アカデミーに通い、1960 年代にEquipo Crónica(エキーポ・クロニカ)の創設メンバーの 1 人としてキャリアをスタートさせました。ヴァルデスは、歴史を回顧しつつも元の背景を損なうことなく独自のスタイルを見出しました。ベラスケス、レンブラント、ルーベンス、フラ・アンジェリコなどの歴史的巨匠や、マチス、ピカソ、リヒテンシュタインなどの20世紀の巨匠による有名な芸術作品から人物を引用し、身近なイメージに新しい息吹を吹き込みました。絵画や彫刻において作品のサイズを膨らませ、形を抽象化し、ディテールを最小限に抑えながらラフに塗られたペイントと珍しい素材を多く取り入れています。

ヴェルデスは、数多くの賞を受賞し、ギャラリーや美術館で国際的に多数の個展やグループ展を開催。彼の作品は著名なプライベートコレクションやパブリックコレクションの一部となっています。