クローズ

ヒストリック・カップ

「きっちりしたカップ」として知られるリトロンカップは、ラテン語の液量単位「リブラ」を語源としています。そのサイズは単一ではなく、4種類の容量のカップがあります。セットのソーサーは、縁に高さがあり中心が深い独特の形状をしています。

初期のリトロンカップは、ラテン語の「リブラ」を語源としたカップの高さと直径が同じになる角型を特徴としていて、計量のための物でした。

リトロンカップは、1752年にパリのヴァンセンヌにあった工房で生まれ、ココア、紅茶、コーヒー用のカップとして人気を集めました。その後、ティーカップの形は次第に変化していき、リトロンカップといえばコーヒー用とイメージされるようになりました。実は20世紀初頭まで、熱いコーヒーをリトロンカップと同じ容積のソーサーに少量をこぼし、冷まして飲むことがエチケットとして普通に受け入れられていたのです。リトロンカップはほとんどの場合、ディナーウェアとは一線を画したコレクションとして扱われ、時代を超えた形状にさまざまなオリジナルデザインが施されたユニークなアイテムと見なされています。リトロンカップは時代ごとの様式の移り変わりを反映しており、一つ一つ特徴が異なることから、アンシエンヌ・マニュファクチュアル・ロワイヤル時代からの歴史を受け継いだカップとソーサーのコレクションとして収集する魅力があります。

Photo Thomas Dhellemmes © Alain Ducasse

eブティックにおける特典

Truck icon

配送特典

50,000円以上のご注文の場合、送料無料

Sync icon

返品特典

14日以内にご注文品を返品する場合は、送料無料

Gift icon

ラッピング

ご注文品は、ベルナルドのギフトボックスにリボンをかけてお届けいたします。