クローズ
Calle
戻る

ソフィ・カル

Sophiecalle

ソフィ・カルは30年以上にわたり、自らの人生を発想の原点として、自分自身の作品の女優を務めています。ある時は作家、またある時はコンセプチュアルアーティスト、写真家、映画製作者、さらには私立探偵と、彼女が演じる人物、想像する儀式、語る人生の断片、共有する感情に応じて役柄を変えていきます。

調査を活用し、作品には主に写真とテキストを組み合わせています。「存在しないこと」だけでなく「遊び」や「儀式」もその作品の中心。

2007年には、ヴェネチアのビエンナーレにフランス代表として参加しています。