クローズ

Marie-Antoinette (マリー・アントワネット)

王妃マリー=アントワネットらしい装飾スタイルは、詳細にまで彼女らしさが伝わるベルサイユのプティトリアノンに観ることができます。花の真ん中に身を置きたいと願い、様々な織物や刺繍、ガーゼのような繊細な布や磁器で飾られました。1781年、マリーアントワネットは「バルボー」と呼ばれる彼女が好きなパールとブルーエ(野生の矢車菊)の2つのモチーフで飾られたサービスの作製を、セーヴル王室製陶所へ依頼しました。大小の花びらのようなプレートの縁のシェイプが特徴的で、このサービスは、シンプルさと洗練が表現されています。オリジナルは、ベルサイユ宮殿とルーブル美術館に今も残っています。

© Lily Rose

Photo Thomas Dhellemmes © Alain Ducasse

eブティックにおける特典

Sync icon

返品特典

14日以内にご注文品を返品する場合は、送料無料

Gift icon

ラッピング

ご注文品は、ベルナルドのギフトボックスにリボンをかけてお届けいたします。