クローズ
Bandeau giselacolon
戻る

ジゼラ・コロン

プエルトリコのサン・フアン出身で、ロサンゼルス在住のアメリカの現代アーティスト ジゼラ・コロンは、“オーガニック・ミニマリズム”という独自の彫刻言語を用いて、生命をミニマルアートの形に吹き込みます。 彼女の最新の光彫刻は、光学アクリルとハイテク航空宇宙炭素繊維など、21 世紀の革新的素材を利用して制作され、擬人化された幾何学ボキャブラリーを通して、ミニマリズムの定義に挑戦し、それを壊し広げます。 作品は、米国、ヨーロッパ、中東などで展示され、主な展覧会では、ランドアートのビエンナーレ 「Desert X AlUla」, (サウジアラビア、2020年)、「Frieze Sculpture」 (ロンドン、2021年)など。2021年にエジプトで開催された「Forever is Now」では、4,500年前へと遡るユネスコのランドマーク、ギザのピラミッドで独自のモニュメントを紹介しました。

その他にも彼女の作品は、ロサンゼルス・カウンティ美術館、サンディエゴ現代美術館、マイアミ・ペレス美術館などで見ることができます。