クローズ

ELYSEE(エリゼ)

ルイ・フィリップ王がチュイルリー宮殿で使用する食器として、1832年にセーブル・マニュファクトリーによって作られました。ルイ・フィリップ王は即位当初より、前王から受け継いだ食器を使わず、宮殿のテーブルウェアを一新しようとしました。

大量の注文を受け、セーブル・マニュファクトリーは技術の刷新を図りました。1842年前後に導入されたプレートのキャリブレーション方法は現在も用いられています。

一部のピースがエンパイアスタイルの特徴である優美な曲線を保っている一方で、古代のオイルランプを思わせるグレイビーボートや、アンティークのフランス製ウォーターピッチャーから着想を得たクリームポットなどは、純粋なクラシックスタイルを踏襲しています。装飾部分はペールブルーの背景に光沢のあるゴールドでヤシの葉を描いたフリーズで構成され、色彩のコントラストがデザインに荘厳さをもたらしています。

このディナーウェアのオリジナルピースは、フランスのセーブルにある国立陶磁器美術館に収蔵されています。

© Lily Rose

eブティックにおける特典

Sync icon

返品特典

14日以内にご注文品を返品する場合は、送料無料

Gift icon

ラッピング

ご注文品は、ベルナルドのギフトボックスにリボンをかけてお届けいたします。